2009年10月30日金曜日

[Goose] Gooseの特徴

Gooseの最大の特徴は、Javaプログラムコードの穴埋め問題を適切に出題できる点です。実際のプログラムコードの一部を穴埋めのための空欄とし、受講者は空欄に対して任意のコード片を入力できます。また、この空欄の粒度は出題者が自由に設定することができ、たとえば1文字のみ空欄とすることも、ファイル全体を大きな空欄とすることも可能です。これにより、受講者の理解度に合わせた出題が可能です。

Goose出題画面 (開発中)

穴埋めされたプログラム片は、空欄の外側のプログラムコード全体と合成され、実際のJavaプログラムとして解析が実施されます。この解析には大きく分けて静的解析と動的解析の2種類があります。前者の静的解析はプログラムの「書き方」や「内容」などを精査する仕組みで、後者の動的解析はプログラムを実際に動作させて挙動を分析する仕組みです。これらについて詳しくは次のエントリで紹介する予定です。

また、これら一連のシステムはWebブラウザから利用できます。受講者のブラウザ上に空欄付きの問題が表示され、空欄を埋めて解答をクラウド上の添削サービスに送信すると、添削結果が受講者(または教育システム)に通知される仕組みになっています。

Goose添削結果画面 (開発中)

0 件のコメント:

コメントを投稿